関記念財団
ホーム|財団情報 

公益財団法人 関 記念財団

お知らせ
平成26年11月1日をもって新事務所に移転しました。
〒113-0024 東京都文京区西片1-12-15

What’s New
2018.11.15
贈呈式ページを平成30年度版に更新しました。
2018.02.19
研究交流助成ページを更新しました。

関 記念財団概要

[財団の設立から現在までの概要]
 故関 博雄は明治43年(1910)長野県松本市に生まれ、第八高等学校、東京工業大学を経て、昭和9年(1934)王子製紙株式会社に入社以来50年にわたり、同社設計工作部長、苫小牧工場長、専務取締役、副社長を歴任し、戦中、そして日本の高度成長期を通じ、紙パルプ産業技術の発展に技術者、経営者として尽力し、また、ニュージランド、ブラジルのパルプ生産事業にその経験を生かし、海外プロジェクトを育て上げました。その後、同社顧問として後任の指導に当たっていましたが、平成2年(1990)年11月4日に逝去されました。平成6年1月、関博雄の妻佐代は、夫関博雄の生前の意思を考慮したうえ、故人の遺産を教育及び科学研究に役立てるべく、財団法人関科学技術振興財団を設立しました。
 当財団の事業は、大学や研究機関に属する少壮研究者を対象とし、先駆的・独創的にして、わが国の科学技術の振興に貢献されることが十分期待される科学技術の基礎研究と応用研究に対する助成を中心としてきました。それとともに当財団の一つの特色として、科学技術の工業化への過程で生じる法制上・経済上などの社会・人文科学的問題にも夙に注目し、それに関連する出版助成、国際的・国内的研究交流に関しての会議参加費等に対する助成をも行ってきました。
 創立以来15年以上を経過し、高度成長期、バブル期を経て、科学技術をめぐる社会環境は大きく変化しました。現在日本のおかれている状況に照らしても、科学技術はその振興と共に、社会・人文科学との交流が求められています。当財団の特色をいっそう生かし、物質文明と 神文明の交流から、独自の新たな成果が生まれるよう、事業を展開してまいります。
© Seki Memorial Foundation for Science.